光のノスタルジア

上映スケジュール

2017年4月15日(土)〜4月28日(金)

4/15(土)〜4/21(金)11:30〜
4/22(土)〜4/28(金)17:35〜

『真珠のボタン』同期間上映!ぜひあわせてご鑑賞ください!
京都みなみ会館にて『チリの闘い』4月/22(土)より1週間限定公開!

料金

『光のノスタルジア』『真珠のボタン』
【1作品】一般:1500円/学生・シニア:1200円/立誠シネマ会員:1000円
【2作セット券】2200円

2010年/フランス、ドイツ、チリ/90分

監督・脚本:パトリシオ・グスマン
プロデューサー:レナート・サッチス
撮影:カテル・ジアン、天文写真:ステファン・カイザード
製作:アタカマ・プロダクションズ
原題:Nostalgia for the Light

公式サイト:http://uplink.co.jp/nostalgiabutton/aboutnostalgia.php

宇宙の壮大さに比べたら、チリの人々が抱える問題はちっぽけに見えるだろう。でも、テーブルの上に並べれば銀河と同じくらい大きい。



人間と大地、星々の光、そして水―――
果てしない時の流れの果てに、人類の記憶を辿り、見えてくるもの。南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督が混迷する文明社会に驚異の映像美で問う一大連作叙事詩。


☆2010年 ヨーロッパ映画賞・最優秀ドキュメンタリー賞受賞
☆2010年 カンヌ国際映画祭・非コンペティション部門正式上映
☆2011年 国際ドキュメンタリー協会賞(IDAアワード)・最優秀ドキュメンタリー賞受賞
☆2011年 山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞受賞




『光のノスタルジア』
チリ・アタカマ砂漠。標高が高く空気も乾燥しているため天文観測拠点として世界中から天文学者たちが集まる一方、
独裁政権下で政治犯として捕らわれた人々の遺体が埋まっている場所でもある。
生命の起源を求めて天文学者たちが遠い銀河を探索するかたわらで、行方不明になった肉親の遺骨を捜して、砂漠を掘り返す女性たち……
永遠とも思われる天文学の時間と、独裁政権下で愛する者を失った遺族たちの止まってしまった時間。天の時間と地の時間が交差する。


▼南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督の2部作、一挙上映!『真珠のボタン』上映情報
 

▼特集「歴史は我らのもの」にて『チリの闘い』上映!

 

京都みなみ会館にて『チリの闘い』4月/22(土)より1週間限定公開!