真珠のボタン

上映スケジュール

2017年4月15日(土)〜4月28日(金)

4/15(土)〜4/21(金)13:20〜
4/22(土)〜4/28(金)19:25〜

『光のノスタルジア』同期間上映!ぜひあわせてご鑑賞ください!
京都みなみ会館にて『チリの闘い』4月/22(土)より1週間限定公開!

料金

『光のノスタルジア』『真珠のボタン』
【1作品】一般:1500円/学生・シニア:1200円/立誠シネマ会員:1000円
【2作セット券】2200円

2015年/フランス、チリ、スペイン/82分

監督・脚本:パトリシオ・グスマン
プロデューサー:レナート・サッチス
撮影:カテル・ジアン、編集:エマニエル・ジョリー
写真:パズ・エラスリス、マルティン・グシンデ
製作:アタカマ・プロダクション
原題:pearl button

公式サイト:http://uplink.co.jp/nostalgiabutton/aboutbutton.php

水には記憶があるという。ならば、私たちは失われた者の声を聞くことができるのだろうか。さまよえる魂たちも、安らげるのだろうか。



記憶はあたかも、重力のような力で私たちの心を捉え続ける。
南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督が、混迷する文明社会に驚異の映像美で問う一大連作叙事詩、一挙公開!

『真珠のボタン』
☆2015年ベルリン国際映画祭銀熊賞脚本賞受賞
☆2015年山形国際ドキュメンタリー映画際インターナショナル・コンペティション部門出品


全長4300キロ以上に及ぶチリの長い海岸線。その海の起源はビッグバンのはるか昔まで遡る。
そして海は人類の歴史をも記憶している。チリ、西パタゴニアの海底でボタンが発見された。
――そのボタンは政治犯として殺された人々や、祖国と自由を奪われたパタゴニアの先住民の声を我々に伝える。
火山や山脈、氷河など、チリの超自然的ともいえる絶景の中で流されてきた多くの血、その歴史を、海の底のボタンがつまびらかにしていく。


 


パトリシオ・グスマン監督
ラテンアメリカを代表するドキュメンタリー映画監督。
1941年チリ、サンティアゴ生まれ。アジェンデ政権時代の政府とその崩壊を描いた三部作、全5時間のドキュメンタリー『チリの闘い』は、アメリカの雑誌「シネアスト」で「世界で最も優れた10本の政治映画のうちの1本」と評された。
ピノチェトによるクーデター後、グスマンは逮捕され、2週間監禁された。1973年にチリを出国し、その後はキューバ、スペイン、フランスと移り住み、多くの作品を発表し続けている。
1997年に始まったサンティアゴ国際ドキュメンタリー映画祭(FIDOCS)の創設者であり、同映画祭の代表を務めている。


▼南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督の2部作、一挙上映!『光のノスタルジア』上映情報
 

▼特集「歴史は我らのもの」にて『チリの闘い』上映!

 

▼★京都みなみ会館にて『チリの闘い』4月/22(土)より1週間限定公開!